フードコーディネーターの魅力~就職に有利になる~

食のスペシャリスト

鍋

スクールや通信講座でも

飲食店を始めとして食品に関わる仕事をしたいと考えている人は少なくないでしょう。業界には様々な職種がありますが、その中でも食のスペシャリストと言われ人気となっている職種の一つがフードコーディネーターです。フードコーディネーターは料理を美味しく綺麗に見せるために演出する仕事だというイメージがありますが、実際には自分で調理した盛り付けをするだけではなく、メニュー開発やコンサルティングなど幅広い仕事を行う食のスペシャリストです。大変ですがそれだけやりがいのある仕事でもあり、人気のある職業の一つとなっているのです。様々な場所で活躍するフードコーディネーターですが、なるために必要とされる資格というものは存在していません。しかし、取得しておくことで就職などで有利になるとされているフードコーディネーター資格認定試験というものはあります。一般的にはスクールや通信講座で取得を目指すフードコーディネーター資格認定試験ですが、3級から1級とレベルが3つに別れています。難易度の低い3級は入門レベルであり、最初はこの3級を目指すことになります。2級はフードコーディネーターのアシスタントレベルの能力が求められる試験であり、1級になるとプロとして活動することが出来る能力が求められるようになります。試験を受けるためには一つ前のレベルの資格を取得している必要があるため、将来的に1級を目指す場合でも3級から順々に試験を受けることになります。

Copyright© 2018 フードコーディネーターの魅力~就職に有利になる~ All Rights Reserved.