フードコーディネーターの魅力~就職に有利になる~

食の新しい提案をする仕事

肉を切る

食に大注目だからこそ

フードコーディネーターは、食について様々な提案をする仕事です。具体的にいえば、料理番組や雑誌等でレシピの提案をしたり実際に調理を披露したり、この他料理教室の講師や食品企業のアドバイザーなどが主な仕事としてあげられます。健康面や美容において食の重要性が謳われたり、スイーツブーム等で食への関心が高くなっていることもあって、フードコーディネーターの仕事が非常に注目されています。そのためフードコーディネーターの需要が高まり、同時にこれを目指す人も増えているのです。フードコーディネーターは、特に資格が必要とされていません。しかし、食に関する知識や調理に関するスキルがなければ、実際にはこの仕事につくことは困難でしょう。そこでフードコーディネーターを目指す人の多くは、調理系専門学校か栄養学部がある大学もしくは短大で基本的な知識とスキルを学んでいます。現在、メディアで活躍するフードコーディネーターは、ほぼ全員フリーランスとして活躍しています。そんな彼らも、最初の一歩は第一線で活躍していた先輩フードコーディネーターのアシスタントとして下積みを積みつつ、スキルアップに励んだのです。このように学校で学んだ後は、先人たちと同様にアシスタントとして業界に入り、一から仕事を学んでいきます。現在フードコーディネーターの需要が高いことから、アシスタントの募集も多くなっており、まさに絶好のチャンスといえるでしょう。なお、先にあげたようにこの仕事は資格が必須ではありませんが、専門学校の多くは修了までにフードコーディネーターの民間資格の取得を目指しています。この資格を取得することで一定以上のレベルであることが証明されることから、就職に有利になったり、将来独立したときにクライアントの信頼を得やすくなるというメリットがあるのです。

Copyright© 2018 フードコーディネーターの魅力~就職に有利になる~ All Rights Reserved.