フードコーディネーターの魅力~就職に有利になる~

野菜を切る

多岐にわたって学べる

将来フードコーディネーターとして仕事をしたい方は、学校で学ぶとよいです。料理を作るだけではなく、スタイリングや食器のスタイリングなど幅広く学ぶことができます。在学中に資格を取得できる場合もあり、業界とのつながりを持つこともできます。

詳しく見る

肉を切る

食の新しい提案をする仕事

食関連に注目が集まることもあってフードコーディネーターの需要が高まっています。この仕事につくには食の知識とスキルを得るために調理系専門学校もしくは栄養学部のある大学・短大で学ぶことがおすすめです。なおフードコーディネーターの民間資格を取得すると就職が有利になる等のメリットが得られます。

詳しく見る

野菜を切る

食とそのスペシャリスト

フードコーディネーターは食のスペシャリストとして働く職業であり、調理系の専門学校などを出て、実践を積んだうえでなるケースが多い。食品に関する基礎知識の他、店舗運営など幅広い知識を求められるケースが通常である。

詳しく見る

学校選びの注意点

女性

就職まで見据えて

フードコーディネーターとは、食卓をトータルでコーディネートする仕事のことです。献立づくりと調理はもちろんのこと、食器の選定やテーブルクロス、ランチョンマットといった食卓回りすべてのコーディネートも行います。活躍の場は幅広く、食品関連会社や飲食店はもちろんのこと、出版・広告業界での活躍も期待できます。近年は個人ブログからスタートしたフリーのフードコーディネーターも増えており、料理教室や企業との提携により活躍している人も多いです。フードコーディネーターと名乗るのに厳密にいうと資格は必要ないのですが、民間資格をとることで知識と技術の裏付けをすることは可能です。独学でとることもできますが、体系的に知識を得たい人、調理技術も得たい人には学校に通うのがおすすめです。調理専門学校や調理や製菓関係の学科がある学校ならばフードコーディネーター資格はとれることが多いのですが、すべての学校でとれるわけではないので注意が必要です。フードコーディネーターをとりたい場合は事前に確認しておくようにしましょう。また、就職まで見据えて選ぶのも大切です。フードコーディネーターは就職に有利になることがありますが、管理栄養士などそれ以外の資格があった方が選択肢は広がります。過去の就職実績や、卒業生の進路、就職のサポートなどを総合的にチェックして選ぶべきでしょう。学校見学にいって在学生の声や講師の姿を直接見るのも大切なポイントです。

鍋

食のスペシャリスト

食のスペシャリストとして幅広い仕事を行う人気の職業の一つがフードコーディネーターです。フードコーディネーターになるために必要とされる資格はありませんが、スクールや通信講座でフードコーディネーター資格認定試験を取得する人は少なくありません。入門である3級からプロレベルである1級まで試験はあります。

詳しく見る

コック

世界に広がる食文化

食についての興味、関心が高まっている現代で、フードコーディネーターはメリットの多い資格です。食べ物のことから食に関するイベントの企画まで、様々に活躍できるのが大変魅力的です。ぜひ勉強してみてはいかがでしょうか。

詳しく見る

Copyright© 2018 フードコーディネーターの魅力~就職に有利になる~ All Rights Reserved.